低用量ピルで正しく避妊しましょう

低用量ピルで正しく避妊しましょう

現在低用量ピルの種類が多くなってきました。そして生理にまつわる様々な悩みも解決してくれる万能な避妊薬です。これらの低用量ピルの種類とその特徴や詳しい解説をしていきます。

低用量ピルについての主な効能・効果

低用量ピルは通販でお求めできます
↑低用量ピルのお薬一覧はここから

ピルを服用する女性は増えています。女性ホルモンを急速に増強させ、子宮内に入り込んだ精子の着床を防ぎ、望まない妊娠を防ぐのが目的のピルは、通販で簡単に購入できるようになったこともあり、性行為時に服用する女性も増えています。ピルに抵抗のある女性も多いですが、あくまでも女性ホルモンの増強を行う補助薬品ですから、心配することはありません。副作用があるわけでも無く、安心して飲むことが可能です。確かに、女性ホルモンを増強させますので、生理痛に似た症状は起きます。低用量ピルは、そういった副作用を大幅に軽減することを目的とした商品です。今までのピルの服用に伴う、腹痛や吐き気を軽減し、自然な形での精子の排出を実現させる低用量ピルを服用することで、副作用も無く、安心して避妊を行うことが可能です。日本では、まだ抵抗がある女性の多いピルですが、女性ホルモンを増やす補助食品ですので、むしろ、生理周期を規則正しくさせ、肌のアンチエイジング効果も得ることが可能です。男性は性行為にリスクはありませんが、女性はリスクがあるものです。妊娠のリスクを防ぐためには、女性は自分で避妊を施さなくてはいけません。クリニックで処方してもらわないといけないと思う女性も多いですでが、最近は、ネットで通販ですぐに購入ができるものです。デートをするのが週末な場合も多いですので、一般的にはサンデースタートをする女性も多いものです。日曜日から飲み始めることにより、週末に生理が重ならないように上手く調整していきましょう。若い女性ですと、避妊リングを挿入するのは抵抗のあるものです。その点、ピルなら、服用するだけで安心して避妊ができます。自分の身を守るためにも、服用を心がけましょう。

これだけは押さえておきたい低用量ピルの知識

ピルという薬は、女性なら一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。避妊や生理に関する症状の治療や、更年期障害などにも効果があると言われるピルは、女性の強い味方といえますが、実は、メリットだけではなく副作用に悩んでいるという人も少なくありません。そもそもピルと一口にいっても、さまざまな種類があります。これは、ピルに含まれるホルモンの量によって、低用量、中用量、高用量とに分類されます。このようにホルモンの量によって細かく種類が分類されているのは、副作用の影響を考えているからで、どれも効果は同じといえますが、副作用の出方は、ホルモン量が多いほど強くでるため、幅広いタイプのピルがあります。ピルが使われ始めた当初は、中用量と高用量ピルが主流となっていましたが、副作用も強くでることから、ホルモンの含有量がギリギリのラインまで抑えられている低用量ピルが開発され、多くの産婦人科で使用されるようになりました。近年では、避妊や軽い月経痛や子宮内膜症などの治療には、低用量が処方されることが多くなっています。毎日服用することで、ほぼ100パーセントの避妊効果があり、また、女性特有の症状の緩和に効果があり、非常にメリットのある薬ですが、ただ、気をつけないといけないことは、副作用もあるということです。薬である以上、良い効果を得られるメリットもあれば、副作用というデメリットもあり、療法をきちんと把握しておく必要があります。副作用として体に表れやすいのは、頭痛や吐き気、胃のむかつき、不正出血、体重増加、倦怠感、むくみ、乳房の張り、発熱、情緒不安定などがあります。これは、人工的に妊娠したのと同じ状態を作るため、つわりのような症状が現れることがあります。基本的には、飲み始めて1ヶ月ほどたつと、徐々に症状は緩和されていきますが、重度の場合、血栓症や鬱などの症状が現れる場合があるので、注意が必要です。

意外と知られていない低用量ピルの使い方

低用量ピルと言うと女性の経口避妊薬としか認識のない方が多くいます。確かにピルはコンドームよりも確実に避妊ができる経口薬です。ピルには女性ホルモンと同様の成分が含まれています。そのため、毎日一粒服用し続けることにより、身体を脳に妊娠中と錯覚させることにより受精や着床をしづらい状態にするのです。そんな低用量ピルは避妊以外にも生理前症候群であるPMSや重い生理諸症状の緩和することもできます。なぜならピルに含まれる女性ホルモンにより体内のホルモンバランスを整えることができるからです。まず、PMSや重い生理諸症状はホルモンバランスの変化による自律神経の乱れや精神的な乱れです。そのためピルの成分により症状を緩和することができるのです。また、それによりホルモン変化による肌荒れをふせぐこともできるので、肌荒れを改善するために服用する方もいます。そんな低用量ピルの使い方は簡単です。まず、生理周期に合わせて薬は1シートに1周期分が入っています。計28日分になります。その内7日分は偽薬となっています。この偽薬は飲まなくてもいいのですが、飲み忘れを防ぐために入っています。これを毎日欠かさず、一粒飲むだけでいいのです。しかしもし飲み忘れてしまった場合は、偽薬なら問題ありませんが本薬だった場合は調整が必要になります。1日分忘れただけなら翌日に2粒飲むだけで大丈夫です。2日分以上忘れた場合は3日目から新しいシートの薬を飲み始めて調整する必要があります。そして、妊娠をしたくなった場合は服用をやめるだけで妊娠可能な状態になります。このように低用量ピルの使い方は簡単です。しかも避妊以外にも女性に嬉しい効果もたくさんあるので、生理前症候群や重い生理諸症状で悩んでいるようなら、おすすめの経口薬と言えます。