低用量ピルで正しく避妊しましょう

現在低用量ピルの種類が多くなってきました。そして生理にまつわる様々な悩みも解決してくれる万能な避妊薬です。これらの低用量ピルの種類とその特徴や詳しい解説をしていきます。

2016年08月の記事一覧

ピルのメリットと種類の比較

ピルはもともと女性側の避妊方法の1つとして開発されたものです。女性ホルモンを含有する錠剤を服用することで排卵が抑制されるため、望まない妊娠を防ぐことができます。しかし、最近では本来の避妊目的の使用よりも、他の様々なメリットを期待して処方されるケースが増えてきています。よくあるのは重い生理痛や頭痛・イライラなど生理にともなっておきる様々な症状の改善のためです。ピルを飲んでいる間は通常のような生理は来ず、休薬期間(もしくはプラセボ投与期間)に若干の出血が起こるのですが、少量で短期間ですみますのでほとんど痛みは感じずにすみます。また内膜の増殖を抑制する作用があるので、子宮内膜症の治療にも使われます。またピルによって男性ホルモンの分泌量が通常より少なくなりますのでニキビの改善効果も得られます。
ピルは女性ホルモンの含有量の違いによって1相性と3相性の2タイプがあります。それぞれの違いを比較してみます。まず1相性は21日間すべて同量のホルモンが含有されていますので、それを毎日1錠ずつ飲むだけで大丈夫です。飲み方は簡単ですが、全体的な服用ホルモン量は多くなりますので、体重増加や悪心などの副作用が出やすいといわれています。一方、3相性は21日間、通常の生理周期に近い形で数種類の錠剤を服用していくため、間違えないように順番をきちんと守って服用することが必要になります。その代り、全体的な服用ホルモン量が抑えられるので副作用発現率は低くなります。
また1クールの錠剤数が21日タイプのものと28日タイプのものがあります。21日タイプはすべて飲み終えたあと7日間休薬します。28日タイプはホルモン含有の錠剤を21日分、有効成分が入っていないプラセボを7日分飲むことになります。
ピルを飲んでみたいと思った方はまず医療機関を受診して、自分の体にあったタイプのものを処方してもらうようにしましょう。

続きを読む

ピルと値段と無添加について

低用量ピルの避妊薬は、母乳を赤ちゃんに与えているときは引けあることになります。完全母乳で赤ちゃんを育てるのであれば、その期間は医薬品は控えることです。

妊娠前から妊娠初期の時期には、ママになる体に必要な栄養がたくさんあります。その一つが葉酸であり、無添加の安心できるタイプを選ぶといいでしょう。1日あたりの推奨されている摂取量は、400μgの量になりますので、食事だけではなくサプリメントを上手に利用することです。

女性側の避妊対策としては、低用量ピルが主流になります。1シートの値段は、およそ3,000円前後の金額であり、1ヶ月に1シートを飲むようなスタイルです。もっと正確に言うと、シートは28日間の単位となります。

保険適用にはならない医薬品ですので、種類や病院によっても値段には違いが出てきます。2,000円もしないこともあれば、3,500円ほどになることもあります。ですから種類と処方してもらう病院選びは、しっかりとリサーチをしてからいったほうが良いでしょう。

低用量ピルの入手に関しては、国内では必ずお医者さんの処方箋が必須になります。医療機関を受診して、まずは婦人科系の検査や血液検査などを行います。ただ病院によっても様々で、以前も使用経験があると申告をすれば、問診のみで処方をしてくれるクリニックなどもあります。

初めての使用であり、尚且つ病院の方針で、しっかりと検査をした上で処方するスタイルの病院ですと、費用的に安くても1万円ほどかかりますし、もっと検査が濃密になると、3万円から6万ほどかかることもあります。そのため初めて行く病院でしたら、事前にかかる費用を電話で聞いておいたほうが安心です。

続きを読む